日本のスマホのトップ6

ソニー、富士通、パナソニックなど、日本という国は素晴らしいスマートフォンのメーカーに事欠きません。ここではしかし、以下6機種を日本最高のスマホ機種としてピックアップしてみました。

京セラDuraXV

頑丈で耐久性に優れた京セラDuraXVは、実は低価格のスマートフォンです。デザインは洗練されているとは言い難いですが、その基本的なラインにほとんどのユーザーは満足するでしょう。キーパッドは明るく、シニア世代の方の使用にも最適です。また、スマートフォンとしてはかなり頑丈なので、現場で働く労働者にも向いています。京セラDuraXVの最大のデメリットは、バッテリー駆動時間が短い点と、カメラの低画質という点です。

パナソニックEluga X1

Elugaは、優れたカメラ、ワイヤレス充電、さらにはAI認識を搭載しています。さらには、そのオクタコアと6GBのRAMは、こだわりのユーザーを納得させるのには十分な要素と言えます。AIによって256点の認識ポイントを持つ顔認証をスマートフォンで使用可能にし、メガネをかけたままでも暗闇でもロック解除ができます。ステンレス製のボディには、背面に16MP、スマホ前面に5MPのカメラが搭載されています。

 

ソニーXperia 1 II

大手電機メーカーのソニーは、1997年から携帯電話を製造しています。このXperiaの新モデルは、スマートフォンというよりも、ワイドスクリーンテレビのような印象を受けます。OSはAndroidで、レトロな長方形フレームの中に6.5インチ画面を搭載しています。シャープな映像となる縦横比は、動画視聴に最適です。背面の12MP (広角)カメラは、競合他社にやや遅れをとっていますが、比較的上質な写真を撮ることができます。

富士通Arrows NX F-02G

富士通のスマートフォンはバッテリー寿命が長いことで知られていますが、Arrows新モデルも同様です。富士通Arrows NXは、素晴らしい処理速度を特徴とする優れた性能を誇ります。実際、3GBのRAMと32GBのストレージを搭載しているので、ゲームにもスマホを使えるほどの性能です。NXの動作速度は、同価格帯製品の中でもトップクラスの速さです!

 

アクオスCrystal

中価格帯のスマートフォンと考えられていますが、アクオスクリスタルは非常に高性能です。良好な透明度の頑丈なディスプレイに、優れた処理速度を提供するクアッドコアアカウント。16MPの背面カメラは新鮮味に欠けますが、十分良い写真やビデオを撮ることが可能です。まさに設計者がこの価格のスマートフォンで意図した通り、2610 mAhのバッテリーは、平均的なユーザーを満足させるのには十分です。

ソニーXperia Z3コンパクト

今回ご紹介する2つ目のXperiaは、(その名の通り)コンパクトさと防水性を兼ね備えています。さらに、「オムニバランス」を搭載し、人間工学に基づいて設計されているので、他社のスマートフォンのように何度も落としてしまうことはありません。

そのセクシーなデザインは、5.2 インチの画面と3.2mmジャック(防水性のために削除された)の欠如に如実に表れています。最後に、Z3は中程度の使用量で、充電する必要なく丸二日間もつので、バッテリー寿命の長さは群を抜いて優れています。

以上は、世界市場に出回っている日本のモデルのトップ5に過ぎません。ソニーやパナソニックのようなメーカーには、海外消費者がまだ発掘していない優れたモデルが無数にあります。